*

新生児取り違えから60年。間違えられた相手は裕福な家庭で社長に。

公開日: : ニュース

 

東京都墨田区の病院社会福祉法人「賛育会」で60年前に生まれた赤ちゃんが取り違えられ、一方は裕福な家庭で長男として育ち大学卒業後、家業の不動産会社を継ぎ社長に。もう一方はアパート暮らしの貧乏な家庭で育ちトラック運転手として60歳になった今も貧しい生活を送っていました。

毎日新聞によると、

東京都墨田区の病院で60年前、出生直後に別の新生児と取り違えられた都内の男性(60)が人生を狂わされたとして、実弟3人とともに病院側に約2億5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は26日、病院側の過失を認め約3800万円の支払いを命じた。【毎日新聞】

病院で赤ちゃんを取り違えてしまうという事件は、現在ではきちんと管理されているのでありえないことだといいますがかつてはよくあったといいます。

実際に時折報道され話題になりますし、ドラマや映画、小説の題材にもよくなりますが、ここまで育てられた家庭環境が正反対というのも珍しいのではないでしょうか。

かたや裕福な社長の息子として、かたや貧乏家庭の末っ子。
社長の息子として育てられた、本来は貧乏家庭の息子は大学を卒業して社長に。
貧乏家庭の息子として育った、本来は社長の息子である人物は中学卒業後、働きながら定時制高校を卒業しトラックの運転手に。

「苦しいとしか言いようのない人生でした。」と本来の社長の息子の方が語っています。

環境が人生を左右するということが証明されたような出来事ですね。

今回の事件で本来、貧乏家庭の息子であった人物は相続した遺産は白紙となるなど、このまま社長を続けることは難しいようです。家族だと思っていた人たちとの絆はどうなるのでしょうか?

誰の人生も得をしない出来事が二度と繰り返されないことを願います。

GooglePC

関連記事

岡逸人

湯浅栞さん刺殺犯人が逃亡先八丈島で逮捕

湯浅栞(しおり)さん(22)を刺殺したとして、元交際相手の職業不詳岡逸人容疑者(23)が逃亡先の東京

記事を読む

桐島ローランド 江角マキコとの離婚歴そして選挙出馬へ

桐島ローランドはかつて江角マキコと9ヶ月後のスピード離婚。離婚原因については、離婚原因は江角側にある

記事を読む

no image

チェックメイトの意味は?柏通り魔犯、あの映画の影響か?

千葉県柏市でおこった連続通り魔事件で、犯人が任意同行される際に「チェックメイト」と言ったと話題になっ

記事を読む

エボラ出血熱が日本上陸の可能性も!?世界を破滅させるエボラウィルスの脅威

エボラ出血熱の感染拡大が止まらない 西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネを中心に感染者が爆発

記事を読む

岡崎聡子、覚醒剤で7度目の逮捕

岡崎聡子容疑者がまたも覚醒剤所持容疑で逮捕されました。岡崎容疑者は大麻、覚醒剤使用の容疑で度重なる逮

記事を読む

自転車逆走が禁止

自転車逆走が禁止に!じつは他にもある罰則対象になる自転車の違反行為

2013年12月1日から道路交通法の一部が改正され、自転車で路側帯を通行する際、逆走した場合には「3

記事を読む

黒子のバスケ 脅迫事件

「ごめんなさい。負けました」 黒子のバスケ脅迫事件、36歳男逮捕

黒子のバスケ脅迫事件の詳細 漫画『黒子のバスケ』の作者・藤巻忠俊や作品の関係先各所を標的と

記事を読む

吉田武生 逮捕

格闘技団体「野蛮一族」代表がオレオレ詐欺で逮捕

格闘技をするものは乱暴者、そんなイメージを裏付けてしまう事件が起こった。 2014年1月、東京都練

記事を読む

no image

銭形警部役 納屋悟朗 死去

アニメ「ルパン三世」で銭形警部役、「宇宙戦艦ヤマト」の沖田艦長などで知られる声優、俳優の納谷悟朗(な

記事を読む

ふなっしー 中の人

ふなっしーの中の人は誰?ということがネットで話題になっています。たしかにあの激しい動きとゆるキャラで

記事を読む

GooglePC

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

GooglePC

ジョニー大倉 矢沢永吉 確執
ジョニー大倉死去。矢沢永吉との確執

元キャロルのメンバー、ジョニー大倉さんが2014年11月、肺炎により死

高岡奏輔、Twitterつぶやきで事務所解雇&宮崎あおいと離婚

高岡奏輔は2011年に自身のTwitterで、韓国に偏った放送を繰り返

妊娠発表の松たか子の夫、ギタリスト佐橋佳幸とは?

あのイントロもこのギターも チキチチーンという強烈なエレキギター

紅白歌合戦2014出場者決定、May J.初出場、松たか子は出演辞退

2014年大晦日に行われる『第65回NHK紅白歌合戦』の出場者が決定。

やしきたかじん妻の「殉愛」(百田尚樹)の内容が嘘だらけだと話題に

百田尚樹氏は元放送作家で、現在は映画化された「永遠の0」の原作者でベス

→もっと見る

PAGE TOP ↑