*

みの次男窃盗未遂で逮捕。みのもんたは番組出演自粛で引退か?

公開日: : ニュース

 

みのもんたの次男、御法川雄斗(みのりかわゆうと)が窃盗未遂で逮捕された。

逮捕容疑は、「不正に入手したキャッシュカードを使い現金を引き出そうとした」という窃盗未遂の疑。

御法川雄斗容疑者は8月12日の深夜に泥酔していて寝ていた40代の男性会社員のバッグを盗んで逃走し、会社員のキャッシュカードで現金を引き出そうとしていた。本人は犯行を否定しているという。

http://livedoor.blogimg.jp/maco8348-uhawwwsoku/imgs/6/8/682b25a1-s.jpg

御法川雄斗容疑者はタレントのみのもんたの次男で日本テレビの社員。この事件をうけて父のみのは所属事務所を通じてFAXで直筆のコメントを発表した。

 「非常に驚いております。次男が世間をお騒がせしていることについて、父親として申し訳ない気持ちでおります。今後も捜査の推移を見守ってまいりたいと思います」

また、みのはレギュラー出演していた報道系番組、TBS系『みのもんたの朝ズバ!』『サタデーずばッと』の出演自粛を発表した他、記者会見では涙で謝罪した。

みのもんた、次男逮捕で記者会見 – YouTube

次男は31歳で大人なのだからみのが責任を取ることもないとも思うが、やはりメディアに登場する立場としては身内が犯罪者となると自粛はやむなし、かもしれませんね。

 

みのもんた自身も、先日TBS系情報番組『朝ズバッ!』内で同局の吉田明世(よしだあきよ 25才)アナウンサーへのセクハラ疑惑報道があったばかりだった。

みのもんたの引退への引き金になるのではないかとネットでも話題になっている模様です。

GooglePC

関連記事

エボラ出血熱が日本上陸の可能性も!?世界を破滅させるエボラウィルスの脅威

エボラ出血熱の感染拡大が止まらない 西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネを中心に感染者が爆発

記事を読む

no image

佳子さま 停学 理由

「佳子さま 停学 理由」とネットで検索されている内容についてですが、この言葉だけを見るとまるで佳子さ

記事を読む

岡崎聡子、覚醒剤で7度目の逮捕

岡崎聡子容疑者がまたも覚醒剤所持容疑で逮捕されました。岡崎容疑者は大麻、覚醒剤使用の容疑で度重なる逮

記事を読む

本 少女

Amazonが「注文される前に発送する特許」を取得

インターネット通販最大手のAmazon(アマゾン)が特許が凄いと話題に。なんと、顧客が「購入」をクリ

記事を読む

no image

新生児取り違えから60年。間違えられた相手は裕福な家庭で社長に。

東京都墨田区の病院社会福祉法人「賛育会」で60年前に生まれた赤ちゃんが取り違えられ、一方は裕福な家庭

記事を読む

野々村竜太郎 号泣記者会見

【動画あり】兵庫県議、野々村竜太郎の号泣会見が酷すぎる

兵庫県議員の野々村竜太郎議員が、政務費不正疑惑に関する記者会見でまるで駄々っ子のように「うわ~~ん!

記事を読む

黒子のバスケ 脅迫事件

「ごめんなさい。負けました」 黒子のバスケ脅迫事件、36歳男逮捕

黒子のバスケ脅迫事件の詳細 漫画『黒子のバスケ』の作者・藤巻忠俊や作品の関係先各所を標的と

記事を読む

ふなっしー 中の人

ふなっしーの中の人は誰?ということがネットで話題になっています。たしかにあの激しい動きとゆるキャラで

記事を読む

浜松日体高校 体罰動画が流出

浜松日体高校のバレーボール部の監督である男性教師(41)が2年生部員の1人を激しい口調で叱りつけなが

記事を読む

入れ墨で入浴断られ…市議が「目を刺してやる」と顔突く

入れ墨で入浴断られ…市議が「目を刺してやる」と顔突く

「議員なのになぜ入れないんだ!」 おごり高ぶった議員が乱心する事件がまたおこりました。

記事を読む

GooglePC

Message

GooglePC

ジョニー大倉 矢沢永吉 確執
ジョニー大倉死去。矢沢永吉との確執

元キャロルのメンバー、ジョニー大倉さんが2014年11月、肺炎により死

高岡奏輔、Twitterつぶやきで事務所解雇&宮崎あおいと離婚

高岡奏輔は2011年に自身のTwitterで、韓国に偏った放送を繰り返

妊娠発表の松たか子の夫、ギタリスト佐橋佳幸とは?

あのイントロもこのギターも チキチチーンという強烈なエレキギター

紅白歌合戦2014出場者決定、May J.初出場、松たか子は出演辞退

2014年大晦日に行われる『第65回NHK紅白歌合戦』の出場者が決定。

やしきたかじん妻の「殉愛」(百田尚樹)の内容が嘘だらけだと話題に

百田尚樹氏は元放送作家で、現在は映画化された「永遠の0」の原作者でベス

→もっと見る

PAGE TOP ↑