*

湯浅栞さん刺殺犯人が逃亡先八丈島で逮捕

公開日: : 最終更新日:2013/11/30 ニュース

 

湯浅栞(しおり)さん(22)を刺殺したとして、元交際相手の職業不詳岡逸人容疑者(23)が逃亡先の東京都・八丈島で逮捕された。岡逸人容疑者は犯行を認めているという。

岡逸人

事件は11月27日夕方、千葉県市川市のJR本八幡駅前で湯浅栞さん(22)が男に包丁で腹部を刺され死亡した。湯浅さんは同居している男性、3歳の娘と一緒にいて、男性が車に残り、宝くじを買おうと娘と2人で売り場の前にいたところを刺されたという。幼い娘の前で母を殺害する。犯人の卑劣さを強く感じずにはいられない。

湯浅さんは2人の男性に交際を迫られていたと地元市川警察署に相談しており、一方には「復縁を迫られている」、そして一方には「結婚してくれないなら金を返せ」と金銭トラブルになっていると話したという。犯行に及んだ容疑者はこのうち事件直後から行方が分からなくなっていた「復縁をせまっていた」男の方だった。

テレビのニュース報道では湯浅栞(しおり)さんのプリクラ画像と思われる写真が公開されていたが、22歳という年齢らしく金髪(茶髪?)でギャル風のメイクでいまどきの女性だ(注※学生服姿のおとなしめの写真も公開されてている)。

「見た目もきれいにしていて明るい性格だし、なんで私なんかと付き合ってくれているのかと不思議でした。」(湯浅さんと交際中の男性)

複数の男性に言い寄られる。一見、女性としてはもてもてでうらやましむべき状況だが、殺されてはたまらない。

岡逸人容疑者は、犯行後、東京竹芝桟橋へ移動、船で八丈島へ向かったが、船を下りるところを待ち構えていた警察官によって逮捕された。

GooglePC

関連記事

餃子の王将 一号店

「餃子の王将」社長銃撃殺人 犯人は?殺害理由は?

「餃子の王将」の大東(おおひがし)隆行社長(72)が拳銃で撃たれて殺害された。王将フードサービス(京

記事を読む

黒子のバスケ 脅迫事件

「ごめんなさい。負けました」 黒子のバスケ脅迫事件、36歳男逮捕

黒子のバスケ脅迫事件の詳細 漫画『黒子のバスケ』の作者・藤巻忠俊や作品の関係先各所を標的と

記事を読む

吉田武生 逮捕

格闘技団体「野蛮一族」代表がオレオレ詐欺で逮捕

格闘技をするものは乱暴者、そんなイメージを裏付けてしまう事件が起こった。 2014年1月、東京都練

記事を読む

no image

チェックメイトの意味は?柏通り魔犯、あの映画の影響か?

千葉県柏市でおこった連続通り魔事件で、犯人が任意同行される際に「チェックメイト」と言ったと話題になっ

記事を読む

no image

佳子さま 停学 理由

「佳子さま 停学 理由」とネットで検索されている内容についてですが、この言葉だけを見るとまるで佳子さ

記事を読む

佐村河内守 ゴーストライターはなぜばれた?

佐村河内守 ゴーストライターはなぜばれた?

まったく耳が聞こえないクラシックの作曲家として「現代のベートーベン」として注目されていた佐村河内守氏

記事を読む

no image

三國連太郎 前貼り

三國連太郎の前貼り伝説とは? 「釣りバカ日誌」などに出演した個性派俳優の三國連太郎(みくに・れ

記事を読む

浜松日体高校 体罰動画が流出

浜松日体高校のバレーボール部の監督である男性教師(41)が2年生部員の1人を激しい口調で叱りつけなが

記事を読む

みの次男窃盗未遂で逮捕。みのもんたは番組出演自粛で引退か?

みのもんたの次男、御法川雄斗(みのりかわゆうと)が窃盗未遂で逮捕された。 逮捕容疑は、「不正に入手し

記事を読む

桐島ローランド 江角マキコとの離婚歴そして選挙出馬へ

桐島ローランドはかつて江角マキコと9ヶ月後のスピード離婚。離婚原因については、離婚原因は江角側にある

記事を読む

GooglePC

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

GooglePC

ジョニー大倉 矢沢永吉 確執
ジョニー大倉死去。矢沢永吉との確執

元キャロルのメンバー、ジョニー大倉さんが2014年11月、肺炎により死

高岡奏輔、Twitterつぶやきで事務所解雇&宮崎あおいと離婚

高岡奏輔は2011年に自身のTwitterで、韓国に偏った放送を繰り返

妊娠発表の松たか子の夫、ギタリスト佐橋佳幸とは?

あのイントロもこのギターも チキチチーンという強烈なエレキギター

紅白歌合戦2014出場者決定、May J.初出場、松たか子は出演辞退

2014年大晦日に行われる『第65回NHK紅白歌合戦』の出場者が決定。

やしきたかじん妻の「殉愛」(百田尚樹)の内容が嘘だらけだと話題に

百田尚樹氏は元放送作家で、現在は映画化された「永遠の0」の原作者でベス

→もっと見る

PAGE TOP ↑