*

THE MANZAI 2013優勝ウーマンラッシュアワーに微妙との声

公開日: : 最終更新日:2013/12/17 お笑い芸人

 

「THE MANZAI 2013」2013年12月15日に決勝が行われ、優勝はウーマンラッシュアワーとなりました。

「そもそもなぜあのおもしろくないコンビが決勝大会に残ったんだ?」「あきらかに他のコンビの方がおもしろかったのに、別の漫才コンビがブロックの勝利者となった」「俺の中では優勝は●●だった!」など多くの声がネット上でも上がっています。

THE MANZAI 2013 ウーマンラッシュアワー

「THE MANZAI 2013」の決勝大会出場者

2013年、決勝大会に残ったのはワイルドカードで勝ち上がった流れ星を含めて次の12組

Aグループ
レイザーラモン、チーモンチョーチュウ、オジンオズボーン、千鳥

Bグループ

学天即、風藤松原、銀シャリ、ウーマンラッシュアワー

Cグループ

天竺鼠、NON STYLE、東京ダイナマイト、流れ星

結果的には、

Aグループの勝利者、千鳥
Bグループの勝利者、ウーマンラッシュアワー
Cグループの勝利者、NON STYLE

の三組で決定戦が行われ、ウーマンラッシュアワーがチャンピオンとなりました。

しかし、この結果に納得できない人も多い。
いや、最終決定戦の3組の中では圧倒的にウーマンラッシュアワーが笑いをとっていたから、そこには異存はない。

しかし、そこに至るまでの段階で、なんでこのお笑いコンビがいるの?
と言う組が存在したのも確かだし、グループの勝利者も疑問が残った。

以下、ネットでの反応と合わせて決勝大会を振り返ります。

千鳥?ほんと!?

まずはAグループ。

それぞれピンでの活動しかイメージのないレイザーラモン。そもそもこのコンビは漫才師ではなく、好きなプロレスネタをからめたコントをする芸人。漫才ができるのか?と疑問に思いながら見たが・・・、

レイザーラモンに対するネットでの反応

「まったくおもしろくない」

「レイザーラモンだけ見ておもんなくてやめた」

「まあまあ酷いな。漫才に飛び道具仕込み過ぎ。 」

ネットでの反応はよくないが、そもそもあまり感想も見つけられなかった。Aグループを勝ち上がれなかったのは当然として、そもそもなぜ彼らが決勝大会に残ったのか疑問だ。

千鳥の漫才も笑いのポイントがよくわからなかった。あの妙な店員が出てくるネタ、全然おもしろいと思わないのだけど、なぜいつもあんな感じなのかな?千鳥の二人は漫才以外のバラエティではおもしろい時もあるが、漫才ではいまひとつ魅力を感じなかった。

千鳥に対するネットでの反応

「千鳥が上がってきたことに本当にびっくりしました」

「千鳥、期待以下かな」

「千鳥の謎の力って決勝でも働くんだな」

「審査員変わらない限り千鳥と予選で同じ組になったコンビは諦めたほうがいいだろうね」

「やらせ」があるかのような意見が目立った。あのネタでは決勝に上がれたのも不思議と言われてもしょうがないかもしれない。

チーモンチョーチュウは「鶴の恩返し」と言うネタでテンポよく笑いをとっていた。

オジンオズボーンも相変わらずのダジャレボケ(少しオードリーと似ている気がする)の連発がよかった。

Aグループを勝ち上がるのはこの2組のいずれかかと思っていたが、実際はまさかの千鳥だった。

Bグループ

次のBグループで印象的だったのは、風藤松原だった。ことわざをどんどん間違っていくというネタ。二人が登場した時には見た目の雰囲気で「つまんなそう」と思ったのだけど、今回はネタがよかった。久しぶりにおなかが痛くなるほど笑わせてもらった。ちなみに 風藤(左側)の話しかた、つっこみの仕方がどことなくオードリーの若林と似ている。

ウーマンラッシュアワーも勢いは感じだけれど、この組は風藤松原、あるいは学天即で決まりと思ったのだが勝者はウーマンラッシュアワー。

Cグループ

天竺鼠、NON STYLE、東京ダイナマイト、流れ星

NON STYLEがワラテンのポイントで99ポイントを取得し、審査員の評価も得てCグループの勝者となる。

NON STYLEはよくも悪くもいつもどおりの漫才で新鮮味がなく、逆に知名度の低い流れ星がよかった。

ネットの評判でも

「流れ星・・・一番ウケてた。面白い。大ブレイク必至。 」

「流れ星が一番面白かった。」

「流れ星ってのだけ声だして笑った」

と評価が高かった。

ウーマンラッシュアワーがTHE MANZAI 2013チャンピオンに

グループ勝利者の千鳥、ウーマンラッシュアワー、NON STYLEが再度ネタを披露して、ウーマンラッシュアワーがチャンピオンとなりました。

実際、この3組の中でなら妥当といえるでしょう。

しかし、グループで敗退したものや、決勝に上がれなかった漫才師たちの中には、もっともっとおもしろい人たちがいたと思えて仕方ない。

審査制度はこれでいいのか?

M-1が終了した今、漫才日本一を決める唯一の大会であるTHE MANZAIだが、はたしてこれが本当に日本一の漫才を決める大会なのかどうか疑問に思えて仕方なかった。

今回正直、腹を抱えて笑えるようなコンビは一握りだった。審査結果にも疑問が残る。

審査の方法にも改善の余地はないのだろうか?

以前、明石家さんまさんが、M-1グランプリの審査員についてこんな発言をしていた。

「おまえら、笑いの審査できるほどの腕あんのかい!?」

親友でもある島田紳助やオール巨人などが審査員を務めていたにも関わらず、さんまさんがこうした発言をしたことはどれほどの思いだろうか?

たしかに審査員の顔ぶれを見た時に、笑いを極めた本当におもしろい凄い人、というのは失礼ながら見当たらない。

お笑い芸人がおもしろいかどうかを判断するのは、実際のところ一般の人が笑うかどうかで判断すべきだと思うが、一般人にはお笑いはわからない、ということなのか、THE MANZAIでの一般視聴者の票となるワラテンは審査員1人分の価値しかない。

そのワラテンにしても、ボタンを押すたびに点数が入る仕組みだから、ギャグを連発するタイプの芸が優遇されるという問題もある。

そういうややこしいことは抜きにしてしまって、審査員も全員なしにして、視聴者がテレビのdボタンやスマホのアプリで、自分が1位だと思う芸人に投票できるようにして何の問題があるのだろうか?

一度、そんな「一般の人が選ぶ日本一のおもしろい漫才師」の大会を見てみたい。

GooglePC

関連記事

森三中大島が24時間テレビでマラソン!タトゥー?不妊?

森三中の大島美幸が、日本テレビ「24時間テレビ36 ニッポンって…? ~この国のかたち~」(8月24

記事を読む

グレート義太夫さん ツイッター

グレート義太夫さんがツイッターで美談を完全否定!志村けんさんからビートたけしへフライデー事件後の3億

記事を読む

ロンドンブーツ1号2号の田村淳の付き合った女性

このたびめでたく一般女性(元モデル)のカナさんとの結婚を発表したロンブー淳さん。 その華麗なる

記事を読む

オール巨人、喧嘩武勇伝伝説とエピソード

オール巨人、喧嘩武勇伝伝説とエピソード

漫才コンビ「オール阪神・巨人」の大きい方、オール巨人さんの腕っ節の強さは所属する吉本興業の芸人の間で

記事を読む

関西No.1グルメレポーター、タージンとは?

タージンは、大阪など関西の番組でリポーターとして活躍するタレント、リポーター。関東圏ではほとんど目に

記事を読む

水玉れっぷう隊アキ 喧嘩 武勇伝

水玉れっぷう隊アキは自称「喧嘩十段」50戦無敗

お笑い芸人には、元ヤンキーや暴走族、格闘技経験者など腕自慢が多いが、その中でも最強の呼び声が高いのが

記事を読む

間寛平 借金

間寛平の借金とアメマバッジ

間寛平は吉本興業に所属するお笑い芸人で大御所の一人ですが、借金問題でも有名です。 お人好しでた

記事を読む

no image

M1優勝サンドウィッチマンに自殺、解散の危機があった。

2007年のM1グランプリで見事に優勝して人気ものになったサンドウィッチマン。 吉本興業以外の事務

記事を読む

楽しんご 暴行

楽しんごが暴力で「LOVE注入!?」傷害容疑で書類送検される

「ラブ注入」のギャグで人気だったお笑い芸人の楽しんごが2014年1月14日、元恋人男性を数回殴ったと

記事を読む

http://www.r-1gp.com/top.php

R-1ぐらんぷり2014の感想~優勝はやまもとまさみ

3月4日(火)に行われた『東洋水産R-1ぐらんぷり2014』についての独断と偏見による感想を書いてい

記事を読む

GooglePC

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

GooglePC

ジョニー大倉 矢沢永吉 確執
ジョニー大倉死去。矢沢永吉との確執

元キャロルのメンバー、ジョニー大倉さんが2014年11月、肺炎により死

高岡奏輔、Twitterつぶやきで事務所解雇&宮崎あおいと離婚

高岡奏輔は2011年に自身のTwitterで、韓国に偏った放送を繰り返

妊娠発表の松たか子の夫、ギタリスト佐橋佳幸とは?

あのイントロもこのギターも チキチチーンという強烈なエレキギター

紅白歌合戦2014出場者決定、May J.初出場、松たか子は出演辞退

2014年大晦日に行われる『第65回NHK紅白歌合戦』の出場者が決定。

やしきたかじん妻の「殉愛」(百田尚樹)の内容が嘘だらけだと話題に

百田尚樹氏は元放送作家で、現在は映画化された「永遠の0」の原作者でベス

→もっと見る

PAGE TOP ↑