*

岡崎聡子、覚醒剤で7度目の逮捕

公開日: : ニュース

 

岡崎聡子容疑者がまたも覚醒剤所持容疑で逮捕されました。岡崎容疑者は大麻、覚醒剤使用の容疑で度重なる逮捕は歴があり、今回で7度目となる。

岡崎聡子は、体操の元オリンピック選手で「和製コマネチ」とも言われていたのですが・・・。

 

1976年にはモントリオールオリンピックに高校1年生で出場。体操を引退した後はタレント活動をしていた時期もありましたがぱっとせず、プレイボーイ誌でヌードを披露したことも。

「和製コマネチ」岡崎聡子

芸能界を引退後は、ジャズダンスのインストラクターをした後、アメリカに行き、エアロビクスのレッスンを受けた後、知人の誘いでエアロビスタジオの経営などを行うが21歳の時にホストの男性とのスキャンダル(婚約不履行で1000万円を請求された)で岡崎が雲隠れしてしまい倒産している。

岡崎聡子の最初の逮捕は1995年、34歳の時だった。大麻所持で現行犯逮捕され、その後の尿検査で覚せい剤の使用も認められたが、彼女が大麻を覚えたのはアメリカが最初だというから、13年以上も使用していてやっとの逮捕ということになる。

1995年の初逮捕の後、判決からわずか5日で2回目の逮捕、以後、2000年、2005年、2009年、2013年の初めに6回目の逮捕があり、今回が7回目の逮捕となる。

 

wp000013

 

7回目の今回、逮捕されたのは岡崎聡子容疑者(52)と小竹龍也容疑者(50)。小竹容疑者は暴力団関係の人間だという報道もある。

 

岡崎聡子関連の本

エアロビクス効果の方法―7日間で別のあなたに変わり始める (1982年) (プレイブックス)

サトコの青春ウルトラC

週刊プレイボーイ 1983年 09月 13日号 [雑誌]

GooglePC

関連記事

no image

新生児取り違えから60年。間違えられた相手は裕福な家庭で社長に。

東京都墨田区の病院社会福祉法人「賛育会」で60年前に生まれた赤ちゃんが取り違えられ、一方は裕福な家庭

記事を読む

餃子の王将 一号店

「餃子の王将」社長銃撃殺人 犯人は?殺害理由は?

「餃子の王将」の大東(おおひがし)隆行社長(72)が拳銃で撃たれて殺害された。王将フードサービス(京

記事を読む

no image

銭形警部役 納屋悟朗 死去

アニメ「ルパン三世」で銭形警部役、「宇宙戦艦ヤマト」の沖田艦長などで知られる声優、俳優の納谷悟朗(な

記事を読む

岡逸人

湯浅栞さん刺殺犯人が逃亡先八丈島で逮捕

湯浅栞(しおり)さん(22)を刺殺したとして、元交際相手の職業不詳岡逸人容疑者(23)が逃亡先の東京

記事を読む

STAP細胞の発見者、「美人過ぎる研究員」小保方晴子

STAP細胞の発見者、「美人過ぎる研究員」小保方晴子の経歴が凄い

2014年1月29日、ノーベル賞も受賞した山中教授のips細胞よりもすぐれていて、さまざまな組織や臓

記事を読む

吉田武生 逮捕

格闘技団体「野蛮一族」代表がオレオレ詐欺で逮捕

格闘技をするものは乱暴者、そんなイメージを裏付けてしまう事件が起こった。 2014年1月、東京都練

記事を読む

no image

佳子さま 停学 理由

「佳子さま 停学 理由」とネットで検索されている内容についてですが、この言葉だけを見るとまるで佳子さ

記事を読む

no image

三國連太郎 前貼り

三國連太郎の前貼り伝説とは? 「釣りバカ日誌」などに出演した個性派俳優の三國連太郎(みくに・れ

記事を読む

吉松育美 谷口元一

吉松育美さん谷口元一氏をストーカー行為で告訴事件のあらまし

2012年のミス・インターナショナル世界大会で日本人初の優勝を果たした吉松育美さん(26)が大手芸能

記事を読む

桐島ローランド 江角マキコとの離婚歴そして選挙出馬へ

桐島ローランドはかつて江角マキコと9ヶ月後のスピード離婚。離婚原因については、離婚原因は江角側にある

記事を読む

GooglePC

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

GooglePC

ジョニー大倉 矢沢永吉 確執
ジョニー大倉死去。矢沢永吉との確執

元キャロルのメンバー、ジョニー大倉さんが2014年11月、肺炎により死

高岡奏輔、Twitterつぶやきで事務所解雇&宮崎あおいと離婚

高岡奏輔は2011年に自身のTwitterで、韓国に偏った放送を繰り返

妊娠発表の松たか子の夫、ギタリスト佐橋佳幸とは?

あのイントロもこのギターも チキチチーンという強烈なエレキギター

紅白歌合戦2014出場者決定、May J.初出場、松たか子は出演辞退

2014年大晦日に行われる『第65回NHK紅白歌合戦』の出場者が決定。

やしきたかじん妻の「殉愛」(百田尚樹)の内容が嘘だらけだと話題に

百田尚樹氏は元放送作家で、現在は映画化された「永遠の0」の原作者でベス

→もっと見る

PAGE TOP ↑