*

サザンオールスターズ復活5年ぶりライブや新曲も!

公開日: : 最終更新日:2013/11/05 エンタメ

 

1978年のデビュー以来、広い世代から支持を受け、若者から中年まで不動の人気を誇るサザンオールスターズが無期限の活動休止を発表したのは5年前。そしてついに2013年、5年ぶりにサザンオールスターズが活動を再開することを25日に発表。

新曲「ピースとハイライト」を8月7日に発売するとともに、5年前に活動の終止符を打った横浜市の日産スタジアムなど全国5か所で計9公演のライブを、8~9月に行う。

 

生きているうちにもう一度サザンを生で見れるなんて思ってもいなかった。
桑田さん以外の他のメンバーの方の生活のためにもサザン復活はとてもうれしい(笑)

サザンはマンネリだとか言われるが、実際にこれほどの長い年月、世代を超えて支持されているバンド、ミュージシャンはなかなかいない。

B.Zだって凄いよ、ユーミンも・・・と思いつくかもしれまんが、いやいや、ビーズがおじさんに歌えますか?カラオケで誰でも気軽に楽しめますか?泣けますか?10代の人とカラオケにいってもサザンを歌えば古くないのである(笑)

 

活動再開に際して、桑田佳祐がマスコミに公開したコメント(メモ?)がイカしているのでご紹介しておきます。

「サザンの活動再開をここに御報告申し上げます。5年間お待たせして、本当に申し訳ありませんでした。また皆さんには、勝手ながらビッグサプライズをと思い、この数ヵ月間事実を黙していたことを心よりおわび申し上げます。そして活動休止中も、メンバーひとりひとりに温かいご声援をいただき、本当にありがとうございました。デビュー以来35年もの間、こうしてやって来られたことは全て皆さんのお蔭です。これからもどうぞ宜しくお願い致します。再会を祝してオッパイ!……じゃなくてカンパイ!」

 

 

※1 Yahooニュースより

GooglePC

関連記事

水沢アリーはやらせ!?キャラ・二重整形疑惑あり

ローラそっくりの声としゃべり方とキャラでブレイクした水沢アリーにキャラパクリ疑惑に加えて、二重がおか

記事を読む

鬼束ちひろ アウトデラックス出演!激変理由もあきらかに!?

鬼束ちひろが「アウトデラックス」に出演することが決定。1年越しのオファーで実現したというテレビ出演で

記事を読む

4代目・市川左團次

市川左團次の趣味がSM、パンツ収集、のぞき、歌舞伎界大御所の意外な性癖

歌舞伎役者、4代目・市川左團次(さだんじ)さんのSM趣味とパンツ収集癖を告白し話題になっています。

記事を読む

ローラ 画像

ローラ 障害者 笑う

ローラが障害者を笑う?日本テレビのバラエティ「世界最強の勇者達」の収録中に、障害のある青年がキリマン

記事を読む

北山たけし

北山たけし、師匠北島三郎の次女智子さんとの結婚と演歌歌手としての実力

北山たけしさんは8年間内弟子を務めた師匠の北島三郎の次女智子さんと2009年に結婚。師匠の娘の手を出

記事を読む

土屋アンナ舞台中止事件の真相と裁判結末は?

土屋アンナさんが初主演する予定だった舞台「誓い~奇跡のシンガー~」が中止となり、制作側が土屋アンナさ

記事を読む

松本明子 ドケチ

松本明子の節約術が常識越えのドケチっぷり。きっかけはアノ事件

松本明子さんの節約術が常識の範囲を超えたドケチ節約術だと評判です。 松本明子さんの節約

記事を読む

デビュー曲炎上!剛力彩芽がネットで叩かれる理由

剛力彩芽のデビュー曲がネットで叩かれて炎上状態だという。 Youtubeにアップされた剛力彩芽

記事を読む

長渕剛 ザテレビジョンでついにレモンを持つ【画像あり】

長淵剛がついにレモンを持った! 5月15日発売の『週刊ザテレビジョン』の表紙に20年ぶりに登場した

記事を読む

華原朋美が干された理由。病気、薬、奇行、失恋、死亡説。

華原朋美は、2007年に所属事務所のプロダクション尾木を契約解除された。契約解除の理由はうつ病による

記事を読む

GooglePC

Message

GooglePC

ジョニー大倉 矢沢永吉 確執
ジョニー大倉死去。矢沢永吉との確執

元キャロルのメンバー、ジョニー大倉さんが2014年11月、肺炎により死

高岡奏輔、Twitterつぶやきで事務所解雇&宮崎あおいと離婚

高岡奏輔は2011年に自身のTwitterで、韓国に偏った放送を繰り返

妊娠発表の松たか子の夫、ギタリスト佐橋佳幸とは?

あのイントロもこのギターも チキチチーンという強烈なエレキギター

紅白歌合戦2014出場者決定、May J.初出場、松たか子は出演辞退

2014年大晦日に行われる『第65回NHK紅白歌合戦』の出場者が決定。

やしきたかじん妻の「殉愛」(百田尚樹)の内容が嘘だらけだと話題に

百田尚樹氏は元放送作家で、現在は映画化された「永遠の0」の原作者でベス

→もっと見る

PAGE TOP ↑