*

北野誠 不適切発言 真相は?中身はバーニングがらみ?

公開日: : 最終更新日:2013/06/26 干された芸能人

 

北野誠は関西を中心に活動するお笑い芸人。もともと毒舌タイプで「番組中に問題発言を言うかもしれないタレント」という評判だったが、北野が干された原因は不適切発言、しかも一説にはバーニングがらみの大物?あるいは創価学会がらみなどと言われている。

北野誠 不適切発言 真相

 

2009年春、松竹芸能は「誠のサイキック青年団」及び関連イベント内の不適切な発言により、関係者らに対し迷惑を掛けたとして処分[5]を下し、4月28日の記者会見までに北野出演の番組を順次降板。北野も「自主的に決めた事」としてこの処分を受け止め、同年4月28日付けをもって無期限謹慎となり、「ごごイチ」(CBCラジオ)を最後にメディア媒体への露出は無くなる。なお竹内義和のブログ「竹内義和のどきどきブログ」では、2009年5月20日分の記述においてこの不適切発言の大半は竹内自身に原因がある事を明かし、マスコミに要らぬ誤解を与え、問題が大きくなるのを回避するため結果的に北野に責任を負わせるような形になったと説明。北野と同じく竹内もメディアへの露出は自重する旨を告知している。(Wikipedia)

 

北野誠は、山本リンダを怒らせて謝罪したという過去があるし、不適切発言や暴言などは芸風というイメージもある。しかし今回の騒動では具体的な発言内容や相手に関して一切公開されていない。

そのため、ネットなどでは、創価学会に対する暴言があった、バーニングにたてついたからだ、などと憶測が流れているが、本人を含め真相については関係者は一切口をつぐんでいる。

 

北野誠は現在、芸能界復帰を遂げ、ビジネスとしてワインバーも経営しているという。

GooglePC

関連記事

熊田曜子の子供はダウン症?テレビ復帰に批判殺到

熊田曜子の子供がダウン症の障害を持っているのではないか?とネットで噂になっています。 芸能人の子供が

記事を読む

楽しんごがTV界から干された理由は拉致暴行!?元相方も絶縁宣言

「ラブ注入~♪」で一時は大人気だった楽しんごがテレビから姿を消している。単なる一発屋かと思っていたら

記事を読む

森進一が干された理由はナベプロ独立が原因か

「襟裳岬」「おふくろさん」「冬のリビエラ」などのヒット曲で知られ、NHK紅白歌合戦でもトリをつとめた

記事を読む

田原俊彦 ビッグ発言 真相

田原俊彦 ビッグ発言 真相や発言内容、そしてビッグ発言の影響でなぜ、田原俊彦さんが芸能界を干されたの

記事を読む

荒牧陽子が干された理由は略奪婚!?Eカップものまね女王の現在は?

荒牧陽子が干された理由は略奪婚!?Eカップものまね女王の現在は?

荒牧陽子さんは平原綾香、倖田來未、坂本冬美らの歌ものまねで大ブレイクし、Eカップのナイスボディと美形

記事を読む

no image

芸能界の黒い噂、消えた俳優の行方が気になる。

芸能界の噂は色々ありますが、噂にも本当に根拠のないものから、本人が今流行りのツイッターで書いていて、

記事を読む

高岡奏輔、Twitterつぶやきで事務所解雇&宮崎あおいと離婚

高岡奏輔は2011年に自身のTwitterで、韓国に偏った放送を繰り返すテレビ局(主にフジテレビ)に

記事を読む

研ナオコが干された理由と逮捕歴

研ナオコが芸能界を干された理由、そしてかつて大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕された過去などについて調

記事を読む

松本明子 放送禁止用語を叫び芸能界追放の真相

松本明子は、1983年に歌手デビュー後、なかなか人気が出ないでいたところに、生放送中に放送禁止用語を

記事を読む

オセロ お笑い

中島知子 解雇

オセロの中島知子が所属事務所の松竹芸能を解雇された。 中島知子は、先月28日に松竹芸能に対して

記事を読む

GooglePC

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

GooglePC

ジョニー大倉 矢沢永吉 確執
ジョニー大倉死去。矢沢永吉との確執

元キャロルのメンバー、ジョニー大倉さんが2014年11月、肺炎により死

高岡奏輔、Twitterつぶやきで事務所解雇&宮崎あおいと離婚

高岡奏輔は2011年に自身のTwitterで、韓国に偏った放送を繰り返

妊娠発表の松たか子の夫、ギタリスト佐橋佳幸とは?

あのイントロもこのギターも チキチチーンという強烈なエレキギター

紅白歌合戦2014出場者決定、May J.初出場、松たか子は出演辞退

2014年大晦日に行われる『第65回NHK紅白歌合戦』の出場者が決定。

やしきたかじん妻の「殉愛」(百田尚樹)の内容が嘘だらけだと話題に

百田尚樹氏は元放送作家で、現在は映画化された「永遠の0」の原作者でベス

→もっと見る

PAGE TOP ↑