*

純と愛 最終回 あらすじ 完全版

公開日: : 最終更新日:2013/05/09 ドラマ

 

純と愛の最終回のあらすじです。ついに完結しましたね。ここからはネタバレですので、まだ見ていない方は注意してご覧ください。


たった今、放送されたばかりの純と愛の最終回のあらすじです。

ホテルをオープンすると決意した純(夏菜)のところに、正(速水もこみち)とマリヤ(高橋メアリージュン)、蘭(映美くらら)、羽純(朝倉あき)も今の仕事をやめて戻ってきた。皆この時を待っていたのだ。純は“これからは決して下を向かず、胸を張り、愛する人を守りながら、自分の信じた道を命懸けで進もう”と決める。たとえ愛(風間俊介)が目覚めなくても死ぬまで純であり続けると誓う。

脳腫瘍の手術後、一ヶ月たっても眠り続ける愛。愛に改めて自分の決意と愛情を伝えた純は、そっと愛にキスする。すると、それに反応するように指がピクリと動き、反応する。まぶたもわずかに動く。純の目から涙が流れる。・・・エンドロール。


このように、愛が目覚めたかどうかは分かりませんが、希望を残した形で終わりました。

NHK朝ドラ「純と愛」最終回ネタバレのあらすじは以上です。

GooglePC

関連記事

ラストシンデレラ DVD

ラストシンデレラ映画化決定はガセ?2014年春公開と大阪スポーツが報じたが

篠原涼子さんが主演し、2013年4月から6月までフジテレビで放送されたドラマ「ラストシンデレラ」が映

記事を読む

小泉孝太郎主演ドラマ「ペテロの葬列」のあらすじ・キャスト・ネタバレ

小泉孝太郎主演ドラマ「ペテロの葬列」のあらすじ・キャスト・ネタバレ

宮部みゆき原作“杉村三郎シリーズ”の最新作『ペテロの葬列』 昨年7月から放送された『名もなき毒

記事を読む

WS000027

ドラマ「半沢直樹」ネタバレ原作あらすじと結末

ドラマ「半沢直樹」の結末についてのネタバレ記事です。 ドラマ「半沢直樹」は、TBS日曜劇場

記事を読む

WS000000

TBS「ごめんね青春!」で「堀○高校」をバカの代名詞で謝罪

TBSのドラマ「ごめんね青春!」は主演:錦戸亮/脚本:宮藤官九郎で日曜21時から放送されているが、そ

記事を読む

半沢直樹 ネタバレ あらすじ

半沢直樹 ネタバレ あらすじ

半沢直樹 のあらすじをネタバレ覚悟でご紹介します。 半沢直樹は銀行員半沢直樹が、くそ上司の不正

記事を読む

jyunai

じゅんとあい 最終回

NHKの朝ドラ、じゅんとあいの最終回放送はいつ?151回目となる最終日の放送は3月30日です。じゅん

記事を読む

芦田愛菜ドラマ「明日、ママがいない」が打ち切り!?

芦田愛菜ドラマ「明日、ママがいない」が打ち切り!?慈恵病院が人権侵害・偏見的内容に中止要請

今やハリウッド女優となった天才子役女優、芦田愛菜ちゃんの新ドラマ「明日、ママがいない」は初回の番組平

記事を読む

5153d1c7dbf3ec5412000014

NHK 朝ドラ 純と愛 最終回

NHK の朝ドラ 純と愛 がついに最終回ですね。最終回の放送日は3月30日。全151話のラストを飾る

記事を読む

芦田愛菜ドラマ「明日、ママがいない」が打ち切り!?

芦田愛菜主演ドラマ「明日、ママがいない」批判、犠牲者も出てついに中止なるか!?

芦田愛菜主演の日テレのドラマ「明日、ママがいない」は養護施設を舞台にしたドラマだが、現実の実情と大幅

記事を読む

no image

半沢直樹最終回ネタバレあらすじ。大和田常務へ100倍返し

半沢直樹がいよいよ9月22日に最終回を迎えます。今年のドラマの中で最高視聴率をとり「倍返し」などの流

記事を読む

GooglePC

GooglePC

ジョニー大倉 矢沢永吉 確執
ジョニー大倉死去。矢沢永吉との確執

元キャロルのメンバー、ジョニー大倉さんが2014年11月、肺炎により死

高岡奏輔
高岡奏輔、Twitterつぶやきで事務所解雇&宮崎あおいと離婚

高岡奏輔は2011年に自身のTwitterで、韓国に偏った放送を繰り返

佐橋佳幸
妊娠発表の松たか子の夫、ギタリスト佐橋佳幸とは?

あのイントロもこのギターも チキチチーンという強烈なエレキギター

『第65回NHK紅白歌合戦』の出場者一覧
紅白歌合戦2014出場者決定、May J.初出場、松たか子は出演辞退

2014年大晦日に行われる『第65回NHK紅白歌合戦』の出場者が決定。

aa2272_02_1121182825
やしきたかじん妻の「殉愛」(百田尚樹)の内容が嘘だらけだと話題に

百田尚樹氏は元放送作家で、現在は映画化された「永遠の0」の原作者でベス

→もっと見る

  • にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

PAGE TOP ↑