*

石破茂幹事長、テロ発言を撤回、女子高生も涙で批判

公開日: : 政治

 

自民党の石破茂幹事長が11月29日付のブログで、特定秘密保護法案に反対するデモについて、「主義主張を実現したければ、民主主義に従って理解者を一人でも増やし、支持の輪を広げるべきなのであって、単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらない」と発言した内容に批判が集中。石破茂幹事長はブログの文章を修正し、発言を撤回する旨を公開しました。

石破茂幹事長 テロ発言問題

デモを行った参加者などからの批判の声

「石破氏の発言にならえば、主義主張を強く訴えただけでテロとみなされてしまう」(日本体育大の清水雅彦准教授(憲法学))

「反対意見を許さないという発言。選挙で勝った多数派が正義なのではなく、少数派の声を聞くのが本当の民主主義だ。憲法で保障された表現の自由にもかかわる問題で、政治家としての見識を疑う」(九条かながわの会事務局長の岡田尚弁護士)

「あきれた発言。自分の思いを伝えるのは普通のこと。政治家が抑えつけようとするのはおかしい」(横浜市磯子区の主婦(38))

「私たちは選挙権もないので声を上げることしか方法がない。抗議活動がテロ行為だとされたことは全く信じられない」(涙ながらに語るデモ参加者の女子高校生)

石破茂幹事長は12月1日付けでブログの発言を撤回、修正し、お詫びの文章を掲載しました。

 石破 茂 です。
 
 整然と行われるデモや集会は、いかなる主張であっても民主主義にとって望ましいものです。
 一方で、一般の人々に畏怖の念を与え、市民の平穏を妨げるような大音量で自己の主張を述べるような手法は、本来あるべき民主主義とは相容れないものであるように思います。
 「一般市民に畏怖の念を与えるような手法」に民主主義とは相容れないテロとの共通性を感じて、「テロと本質的に変わらない」と記しましたが、この部分を撤回し、「本来あるべき民主主義の手法とは異なるように思います」と改めます。

 自民党の責任者として、行き届かなかった点がありましたことをお詫び申し上げます。

ということですが、政治家が一度発言した言葉の責任は重く、修正撤回したところで追及をかわすことがはたしてできるのかどうかという点が今後注目されます。

GooglePC

関連記事

記事はありませんでした

GooglePC

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

GooglePC

ジョニー大倉 矢沢永吉 確執
ジョニー大倉死去。矢沢永吉との確執

元キャロルのメンバー、ジョニー大倉さんが2014年11月、肺炎により死

高岡奏輔
高岡奏輔、Twitterつぶやきで事務所解雇&宮崎あおいと離婚

高岡奏輔は2011年に自身のTwitterで、韓国に偏った放送を繰り返

佐橋佳幸
妊娠発表の松たか子の夫、ギタリスト佐橋佳幸とは?

あのイントロもこのギターも チキチチーンという強烈なエレキギター

『第65回NHK紅白歌合戦』の出場者一覧
紅白歌合戦2014出場者決定、May J.初出場、松たか子は出演辞退

2014年大晦日に行われる『第65回NHK紅白歌合戦』の出場者が決定。

aa2272_02_1121182825
やしきたかじん妻の「殉愛」(百田尚樹)の内容が嘘だらけだと話題に

百田尚樹氏は元放送作家で、現在は映画化された「永遠の0」の原作者でベス

→もっと見る

PAGE TOP ↑